不労収入が得られるビッグチャンス! ビジネスパートナー募集します。
株を始めるすべての方へ! 銘柄選びでお困りの全ての方へ!

スワップ金利

ビギナーズラックという不幸

最近の外国為替市場では1ドルが110円を切るなど
FX投資家にとってはショッキングな状態が続きますが、
FX投資を新たに始めようとする人は日々増えていっている
ようです。


1月13日の読売新聞の記事によると2007年3月末で前年期比
62.2%増の6133億円で、08年3月末には8314億円に
達する見通しで、取引口座も100万口座を超えるそうです。


日本相場が荒れているにも関わらず参加者は
日々増えています。



FX投資を始めようとしている人、すでに始めている
人にとっていいニュースのように感じてしまいますね。


でもここで勘違いしてはいけないです。


たくさんの人がFX投資を始めているからと言って、
投資で利益を上げる上で自分に何かプラスがあるという
分けではありません。


あくまでも自分対相場(市場)です。


市場参加者が増えているという事を頭の片隅に
置いておく事はしても、だからと言って、短絡的
に儲け安いという分けではありません。


いつの時代も投資をしている人の2割の人
だけが利益を上げて、8割の人は負けています。
株でもFXでもどんな市場でも同じです。


勝ち続けている人はごく一部で、その勝ち続けている人
だけが相場に残って利益を上げ、新しく入ってきた人の
ほとんどは、しばらくして資金を失って撤退していきます。


実際、投資の世界では、いつも同じ事が繰り
返されています。



もしあなたが、投資経験がまだ浅いようであれば、
一つ知っておいておいて欲しい事があります。


それはビギナーズラックで勝ってしまう事は不幸
な事だという事です。



今は相場の流れで言うと、どちらかといえば難しい波
なので、初心者の方がビギナーズラックで勝ちにくい
展開ではあります。


時に、相場で稼ぎ易い時期というのがあります。


投資の勝ち方、ノウハウ、リスクのコントロール
などを知らなくても、適当に通貨を買っただけで、
利益が伸びてしまい、あっという間に資金を増やして
しまう事もあります。


資金100万円が、一週間〜2週間で30万円とか
40万円とか増えしまう事も時にあるのです。


ただそれは残念ですが、最も不幸な事です。
ビギナーズラックで勝ってしまった金額は十中八九
すべてなくなってしまうからです。


なくなるだけでは済まずに、自己資金の大半も
無くしてしまうことになります。



なぜなら人は上手くいっているときには、なかなか
学ぼうとはしないからです。


大きく負けるまで投資のリスク管理の仕方とか、
マネジメント、資金コントールなど知らなければ
ならないいくつかの事を理解しようとしません。



人は大きな痛手を受けて初めて学ぼうとします。
これは、人間のかなしい性質です。


そして相場にはそれが大きな特徴として現れます。


半年掛けて上昇してきた相場がたった2週間とか
短い期間で急落する事があります。

それは初心者の方や投資を知らない人達がヒステリー
を起こしてしまっている事の現れでもあるのです。




投資初心者のうちは、損をしてでも、投資のリスク
を理解する事ができれば、5歩くらい前進していると
思っていいと思います。


それくらい、投資の世界は学ぶべき事を学び、
知るべき事を知って、やるべきことをしている人
だけが勝っている世界なのです。


今年の相場は、知らない人には恐怖、知っている人には
チャンスの相場になりそうです。


ビギナーズラックという不幸を経験する前に、投資を
学んでおく人は72000円相当のDVD12本セットを無料で
プレゼントしてくれているこのサイトにアクセスして
みてください。
http://www.123profit.jp/index.php?jvcd=14851



PS
このDVDはトータル12時間あります。
投資経験のほとんどない人でも投資で勝ち続ける
秘訣がぎっしりと話されています。
http://www.123profit.jp/index.php?jvcd=14851

スワップ金利

緊急連絡!FX投資10年に1度のビッグチャンス

去年の8月以降ずっとFX投資をしている人の大多数を
襲う悲劇の相場展開が続いています。

そんな中、今のFX環境で儲けているのはほんの数%の
人達だけです。


90%以上の人達は、実際に損をしています。


これは何も推測でデタラメなことを言っているわけではなく、
FX業者の売買分布データに書かれている【買い】と【売り】
の分布から導きだされた真実です。


では今からFX投資を始めたり、もしくはすでにFX投資
をしているとして、続けていても儲ける事ができないので
しょうか?


とても、そんな厳しい世界では儲かるような気がしない、
そう思う人も多いかもしれません。


しかし、そう判断するには少し早いです。


なぜならこのサイトでは、そんな混乱の相場の中に刻々と
迫ってきている10年に1度のビッグチャンスの相場に
ついて無料で教えてくれているWEBサイトをお伝え
しているからです。


10年に1度のチャンスが分かる無料映像は下記から
http://www.123profit.jp/freeM.php?jvcd=14851


「またまたー、そんな美味しい話には乗らないよ!
どうせなにかウラがあるんでしょ?」


「そんな話は腐るほど聞いてきたけど、ろくなものが
なかったよ。」


というように思われた方も知れませんし、それは
正常の反応と思います。


10年に1度のチャンスと言われて、ホイホイ信じて
振り回されている方がよっぽど危ないからです。


10年に1度の買いのチャンスの相場なんてウソみたいな話、
簡単にホイホイ信じる類の話ではありません。


私も、情報源の怪しいモノであったり、どこの
誰とも分からない人なら100%信じない情報ですし、
紹介しようなんて思いません。


でも今回のこの情報の発信元である松下誠さんと江崎孝彦さん
はこれまでの実績から、とても信頼のできる投資家の人達なので、
よく聞く“美味しい話”と言って無視できない内容だったのです。


松下さんという投資家がどういった人か知らない
かもしれませんが、


松下誠さんは昨年メルマガで2007年7月、8月に
起きたサプブライム暴落の1ヶ月前から、下落が来る、
下落が来ると注意を呼びかけていた人です。


そして2007年9月とかに急落も終わって、値段が戻して
いる中でも、事あるごとにまだ下落は終わっていない、まだ
下落は終わっていないと伝え続けてくれていました。
(当然今の下落相場でもずっとメルマガでは言い続けて
くれています。)


そして今振り返ればすべて、その通りになっているのです。


誰もが外貨の買い一辺倒を続けていた時期に“売り”だ
“売り”だといい続けていたまさにその人なのです。


さらに付け加えると、毎週松下誠さんが注目している
銘柄を有料でメール配信するサービスを購読している人は
1800人以上もいてるみたいです。


そんな松下さんが次の買い場は10年に1度の
買い場になると言っているのです。


そしてそれが、どの通貨で、その時期はいつ頃なのか、
その値段はいくらになった時なのか?といった事まで
かなり具体的に言ってくれています。


情報の発信元はとてもしっかりとした投資家です。
ポッとでの素人投資家ではありません。


10年に1度の買いのチャンスについて詳しく
知りたい人は下記の無料映像を見て下さい。
筋の通った真実である事が分かります。
http://www.123profit.jp/freeM.php?jvcd=14851


PS
今なら松下誠さんが投資で儲けたい人向けに行っている
セミナーを収録したDVD12本セットは下記のサイトから
手に入れる事もできます。
http://www.123profit.jp/freeM.php?jvcd=14851

スワップ金利

スワップ金利とは

スワップ金利は国の通貨のよって違います。業者による差というのはそれほどありません。
実際には手数料やスプレッド等も業者により若干、差はありますが、
初心者の場合はそれほど気にしなくても良いでしょう。、
スワップ金利とは金利が異なる2種類の通貨の売買によって発生するものですが、現状は日本の金利が安いので
ほとんどの通貨を円で買うことによって金利が発生します。
買った外貨を売らない限り毎日得ることが出来ます。
逆に売りポジションでは支払うことになります。

ほとんどの業者はアメリカ時間の水曜日PM5時に金利が発生します。
日本時間でいうと木曜朝夏6時(冬になると7時)に付くことになります。
休みの分が二営業日前に付きますので土日の分が木曜朝に付く計算になるのです、
その他アメリカの市場休みの場合同様ですので、数日分木曜以外に加算される場合があります、
買いポジションを持ち続ける限り金利は日数分が加算されるのです。

スワップ金利

MMFとFXの違い

MMFとはマネー・マーケット・ファンドの略で外貨建ての債券を中心に組み入れた「投資信託」です。外貨建ての格付けの高い国債などで運用された元本の安全性と金利の安定性が高い商品だと言われています。

FXとは外国為替証拠金取引のことで、手持ちの円をドルなどの異なる通貨に交換して運用する取引です。その交換する比率となる「為替レート」の変動によって、日々損益が変化するので、リスク管理をしっかりする必要があります。

MMFとFXの違い
MMFとFXの違いとして手数料があげられます。手数料が無料の業者もあります。その他はスプレッドが取引コストになりますが、それでも米ドルなら3銭ですむ会社もあります。今考えられているよりもかなり安いです。
 
そして、MMFとFXは税金が全く違います。FXは雑所得で、最大50%です。運用資金や自分の給与所得が大きいと、為替差益も含めて税金で半分取られてしまうのですよ。ただ「くりっく365」という取引所のFXなら税率20%なので、レバレッジをかけたり短期投資をしないなら、こちらがいいでしょう。
 それに対して、MMFは金利に20%、為替差益には課税されません。税金だけ考えれば、MMFの方が絶対有利です。あとは資金量によって判断すればいいと思います。

スワップ金利

スワップ金利で稼ぐ

スワップ金利で稼ぐばあい、おすすめはマイナー通貨です。
スワップ狙い通貨トルコ/円があります。
10万円単位2枚一日のスワップ8,000〜8,400円
一年で約300万円です。

200万円証拠金入れレバレッジ10倍内=10万2枚『買い』
5円上がろうと10円上がろうと売り決済しない。
一年後その通貨が買値より5円上がってれば100万円+スワップ300万円となり
証拠金200万も戻せます。
スワップは毎日加算されます。レバレッジが少なくなり少々急落下があっても大丈夫です。
始の「買値」数値に注意して、少し高めに買った場合等、追い金(手玉は)出せるようにしておきましょう。

スワップ金利はほとんどのFX社が同じ様な金額設定です。
異なる点としては、スプレッドが広い狭いか、取引き手数料無料か等です。
今日は、ここのスワップが良くても翌日には悪い場合も多々あります

スワップ金利

スワップ金利のQ&A

Qスワップ金利は世界各国共通なのでしょうか?

A いいえ、共通ではありません。
業者によって違ってきます。
銀行と同じです。銀行の預金金利だってほぼ横並びですけど銀行間で若干違いがあります。


Q なぜ、木曜日だけスワップ金利が3倍になるのでしょうか?

A 受け渡し日の関係です。水曜の取引というのは金曜日の受渡、木曜日の取引は土曜日の受渡になりますが、土曜日は取引が無いから月曜日扱いになります。だから土日分のスワップが水から木の取引に反映されてきます。
そのかわり金曜日に買って月曜日に決済しても1日分しかつきません。

スワップ金利

FXスワップ金利について

銀行の信用力と特定の通貨のペアに対する商売上の関連で、銀行間でも若干ではあるが差があります。極端な言い方をしてしまうと、信用力が劣ると、高いスワップ金利を払ってでも当該通貨を調達せねばならなくなります。もしくは、一時的に為替市場で大量の相対の先物取引を行わねばならない瞬間は自分たちのポジションを減らすために、やや不利な条件でのスワップ取引でも行わねば成りません。

個人を相手にしたFX業者の中には、手数料が無料の一方で、スワップ金利が低い業者があります。たとえば、マネーパートナーズ社のNZDJPYのスワップが、取引手数料有料の上田ハーロー社のNZDJPYと比べてみると個人投資家にとって極端に不利といえます。たぶん今なら10円位差があるでしょう。これは非常に大きいといえるでしょう。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。